飛騨高山文化芸術祭・こだま~れ 2013 自主参加篇                                                           日本語/English

                              presented by Studio D-N-Q


■「こだま~れ」とは?
飛騨高山芸術文化祭の愛称。市民一人ひとりが主役の祭典です。「誰もが身近に感じ、誰もが参加・行動する文化芸術祭」をめざして、3年に一度、四季を通じて飛驒高山(市内全域)で展開される文化芸術トリエンナーレ。だそうです。
公式ページ

ということで、高山市街地で活動を行う陶芸ベンチャ・Studio D-N-Qも参加することにしました。このサイトはその作品群です。どうぞご笑覧ください。 Studio D-N-Q主宰/長倉 大


■テーマNo.1 インスタレーション 2013/04/27
「インスタレーション(Installation art)」とは?
1970年代以降一般化した、絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。なんだそうです。(Wikipediaより)

私のインスタレーションに対する認識は、以前書いたといささかもも変わっていませんが、まあ他人を批評するだけでなく、自らやってみないことには解らないだろう、ということで、実践してみました。


作品(1) 


タイトル:
「明日に架ける橋」(C)Paul Simon



作品(2)


タイトル:
「神社に3π

昨年開催された、「飛匠祭」 というのにインスパイヤされ、実行してみました。


作品(3)
タイトル:
「果たして肉体(clay)は具象(concrete)に勝つや否や?」

註:粘土がやわらかすぎるときに、コンクリの三和土に土を投げつけ、ほどよく固くする手法はよく用います。


■テーマNo.2 丸太deアーティスト! 【丸太 de こだま〜れ】 2013/04/29
飛騨産の杉の間伐材の断面に、思い思いの「こだま~れ」のロゴマークを描きましょう! というイベントです。参加したかったのですが、その時間はお仕事やお昼寝などしていたので行けませんでした。かわりにMSペイントを用い、自宅にて、こだま~れのロゴを描いてみました。


自分では、中々上手に描けたと思いました。



■テーマNo3 木楽にメッセージ
これは、「銭湯へメッセージを見にいこう」 というイベントで、

「飛騨産のひのきの間伐材に心のこもったメッセージを描いて銭湯の湯船に浮かべよう!第1回のテーマは、「いつも元気をくれる子どもたちへ」子どもへの願い、親心川柳など大歓迎!みんなで“木楽(きらく=気楽)”に思いを伝えましょう!

ということで、本来、銭湯に赴いて実行すべきイベントですが、ひきこもりなので、自宅の浴槽にて、ホームセンターで買った朴の木の丸板に願いのメッセージを書いて浮かべてみました。
 

願いが叶うといいなと思いました。

To be continued.次回に続く
Copyright 2013 StudioD-N-Q All rights reserved. Revised on Jun 12 2013